アキノケイカク

暁乃すばるとか秋野キサラとか名乗ったりしながら、たまに漫画を描いている人のブログ

色塗りおぼえがき①

Category: イラスト  
最近、マジメに色塗り練習をしてなかったことを反省しました。
なので、時間を見て、ちょっとずつ練習してみようかと思います。

…まあ飽きっぽいので、2度目が無かったりするかもしれませんが、俺達の戦いはこれからだ!(ごまかし)


たま~に色塗りをしても、なんとな~くで塗って、塗り終わったらすぐにどうやって塗ったか忘れてる有様なので、ここにおぼえがきしておきます。


私は、デジタルお絵かき歴は凄く浅いです。
かつ、「習うより慣れろ!」派なので、描き方の勉強もあまりせず、適当にいじってる感じです。
しかも、ごくごくたま~に、お遊びで落書きしている程度です。
「私の塗り方はこうだ!」というものも、特にありません。さすらい人です。


なので、この記事には、講座的な性質は一切ございません。
ただの、「こんな塗り方してみた」という、おぼえがきです。
デジタル塗りに慣れている方から見たら、滑稽極まるかと思います。

ご注意ください!!ヽ(´∀`;)ノ



その1
  ※クリックで、大きくなります。
  ※使用ソフトは、CLIP STUDIO PAINTです


純粋に塗り方の練習なので、シンプルにするために、服を着せていません。

不透明水彩筆使用。
多分、設定は殆どいじっていないと思います。
線は、シャーペンツール。



・塗りつぶしツールで、ベースの色を置く

・ベースのレイヤーに、クリッピングで乗算レイヤーを2枚重ねて、薄い陰と濃い陰と、2段階に陰を塗り重ねる。

・肌の陰部分を複製してぼかして青っぽい色で塗りつぶして、オーバーレイにして重ねる。

・「こうすると色がなじむと、どこかで聞いた気がする…」と思いながら、肌のベース色で塗りつぶしたレイヤーを、不透明度を下げて、薄く髪の毛に乗っけてみる。何事も、試してみるのが大事なはずと信じる。

・髪のツヤは、覆い焼きレイヤーで。あまりギラギラしないように調整。

・「よく、『なじませるために線画の色を変えろ』というが、どうしたらなじむ色になるのかわからん」と思いながら、適当に周辺の色をスポイトで取ったり、カラーサークルから拾ったりしながら、線画レイヤーの透明ピクセルをロック→フィーリングで塗って、変えてみる。

・首とか、髪の毛の下の方とか、陰が濃いめに落ちてるとこにめがけて、エアブラシツールで、適当かつ大胆に、赤紫っぽい色を噴射。オーバーレイにして、不透明度を下げて重ねる。陰に深みが出たような気分になる。

・左上から右下に向けて黄色を、右下から左上に向けて青っぽい色を、グラデーションツールで置いて、オーバーレイ→不透明度を下げて重ねる。それが、光とか照り返しみたいな感じになると信じている。

・色調補正レイヤーを作って、理屈はよくわからないままに、トーンカーブをいじってみる。

・「いまいち野暮ったい\(^o^)/」と思いながら、終了。




基本的に、色の選び方も機能の使い方も、理屈はさっぱり分りません。
なので、すべての工程は根拠もなく、「何となくこうしてみよう」で、やっているだけです。

次はまた、違う塗り方をしてみます。




関連記事
テーマ : 創作(オリジナル)    ジャンル : アニメ・コミック

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
《プロフィール》

Author:暁乃すばる/秋野キサラ

  

花とゆめやGファンタジーに、たまにお邪魔できたらいいなと思う、一応新人漫画描き。

《メールフォーム》
《Attention!》

※ブログ内にある画像・文章等の

コンテンツの複製、転載、配布は

ご遠慮下さい.
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter
きまぐれまんが「逆男」
気まぐれに描くWeb4コマ

■二人のどうでもいいライフ■
二人

 左:逆上カケル(サカガミ・カケル)

   逆に言う男子

 右:真下ヒロキ(マシタ・ヒロキ)

   普通男子

☆掲載順の一覧はこちらからどうぞ☆  

 
pixiv
QRコード
QR